クラウドとは 

クラウドは「クラウド・コンピュータ・サービス(Cloud Computer Service)」という技術で、各種データの保管、会計やメールなど各種サービスの利用を、パソコンやスマートフォンなどを利用し、インターネット経由で利用できる形態の一つです。 クラウド・コンピュータ・サービスでは言葉が長いので「クラウドサービス」や「クラウド」と省略されて表現されます。 

クラウド=雲の言葉が指す通り、クラウドは利用する人が「どこにつながっているのか」をあまり意識することなく、必要なサービスを必要なだけ利用することができます。 

日常生活においてクラウドサービスに近い例に「電気の利用」があります。 電気を利用する際、例えばテレビなど家電製品をコンセントに差して電源を入れるだけで「どこの発電所で発電しているか」とか「あとどれぐらい電力を使えるか」というのを意識することなく接続し、使った分だけ料金を支払うことでサービスを利用できます。 

クラウドの例 

現代においてクラウドはすでにいろいろな場面で利用されています。 
身近な例だとメールサービスがあります。 

かつてメールを利用するためには「Outlook」や「Eudora」、「Becky!」などのメールを利用するためのアプリケーションをパソコンにインストールして、接続先を設定しメールのデータもパソコンに保存されていました。 

最近では「Gmail」や「Yahooメール」などのクラウド型メールサービスの利用が増えており、専用のソフトをインストールしなくてもChromeやEdge、SafariなどのWebブラウザのソフトがあれば、メールを利用することができます。 

メールを利用する場合も、パソコンではなくクラウドサーバと呼ばれる接続先にメールが保存されているため、ログインさえできれば、1台のパソコンだけではなくスマートフォンや職場のパソコンや自宅のパソコンなどいくつもの端末からメールを利用することができます。 

そのため、クラウドを利用したメールでは職場のパソコンで途中までメールを書き、移動中にスマートフォンで続きを書いてからメールを送信する事もできます。 

クラウドのメリット 

クラウドはサービスに必要最低限の登録ができればすぐに利用を開始できます。 ソフトウェアを購入し、インストールすることなくWebブラウザでログインするだけで利用を開始できます。 

データのバックアップについてもサービス提供会社が行ってくれますので、利用者が設定したり契約したりする必要がなく、パソコンが壊れたとしてもデータは守られます。 

サービス提供会社が提供する様々なサービスをユーザが使いたいものだけ選択できますので、費用を抑えることもできます。 

クラウドのデメリット 

クラウドサービスはインターネットを経由して提供されるため、インターネット接続が必須になります。また、サービスの安定性はサービス提供会社によって異なりますので安心できる会社のサービスを利用する必要があります。 

クラウドサービスはID、パスワードの情報だけで利用できるというメリットの反面、IDやパスワードの管理が正しくされていないとデータの流出や改竄などのセキュリティ事故が発生する場合もあります。 

まとめ 

クラウドは必要最低限の時間、費用ですぐに始めることができ、使った分だけ請求されるため、「安全にデータを保管できるようにしたい」「簡単にサービスを試してみたい」というような需要を満たすことができます。 

メリットが非常に多きため、近年急速に成長し様々なサービスが提供されていますので一度利用してみてはいかがでしょうか。