IT資産管理とは

IT資産管理とは、自社で利用するハードウェア及びソフトウェア等のIT関連の資産を管理することです。そして、そのための業務を効率化するために、IT資産管理ソフトウェアという呼ばれるシステムが数多く存在しています。

資産の管理のためには、担当者がExcelなどを使って、管理表を作成して随時更新していくことも可能です。しかしながら、IT資産管理の対象は、全社でのパソコンの取り換え状況の把握管理だけでなく、ソフトウェアやライセンスなどの管理まで及びます。そのため管理は煩雑となることが多く、で管理業務に多くの時間を割くことになります。さらに、担当者の負担も増えるとともに、正確な情報を常に更新していくことが困難となることも数少なくありません。

なぜIT資産管理を行わなければいけないでしょうか?

効率的な業務運用


社内のIT資産を正確に把握して、IT資産を効率的に運用するためです。

管理対象となるIT資産は、ハードウェアだけでなく、ソフトウェア・ライセンスなども含まれます。例えば、企業として新たにライセンス購入を検討すること際には、現在のライセンス利用状況を把握して、未使用のライセンスがないことの確認作業も必要となります。そのためには正確なライセンス保有状況が把握できていなければ、確認作業が膨大になることや、場合によっては不要なライセンスを購入してしまうようなことも起こりえます。

コンプライアンス・内部統制の強化

IT資産の一部である、ソフトウェアのライセンス利用については、各メーカーが利用している企業に対して適正利用されているか監査を行い、ライセンス違反の場合には罰金を課すようになりました。ライセンス利用によっては、利用企業の認識のズレによって、意図せぬ不正利用となってしまうケースも懸念され、コンプライアンス・内部統制の強化の観点から、改めて厳密にライセンス利用状況を把握管理することが企業では求められるようになりました。

情報漏洩・セキュリティの強化

パソコンやタブレットなどのIT機器には、顧客情報や企業としての機密情報が保存されていることも珍しくなく、情報漏洩・セキュリティの観点からは厳密に管理する必要があります。

そのため、ウィルス対策ソフトや、OSを最新化させることや、使用可能なソフトウェア以外は利用させないように制御することや、万一の時のパソコンやタブレット等での操作履歴の取得などについても対策が必要となります。

IT資産管理のまとめ

貴社でのIT資産管理の現状はいかがでしょうか。ビジネスにおいて、IT化は今後も拡大していくことは間違いなく、企業として必要となるIT資産はますます増えていきます。管理業務の負担を軽減するためにも、IT資産管理ツールを使った業務も一度考えてみてはいかがでしょうか。