会計業務に会計ソフトを活用している企業は多いのではないでしょうか。
会計ソフトは煩雑な会計業務を効率化するツールで、収支管理から決算書作成まで、会計に関わるさまざまな業務を自動化します。
また、そんな会計ソフトの種類は多く、ソフトによって特徴は異なります。

そこで今回は、おすすめの会計ソフトとその特徴をご紹介します。会計ソフトのメリットや選定ポイントも解説しているので、会計ソフト導入・選定にお役立てください。

会計ソフトとは

会計ソフトとは、企業や個人事業主が行う会計業務の一部を担うソフトのこと。お金の収支をソフトで管理することができます。

通常の会計業務には、複雑な入力や計算、決算書などの書類作成が必要になります。
しかし、会計ソフトを利用すれば、これらの作業を自動で行うことが可能に。これにより、会計業務は効率的で正確になり、簿記に詳しい人でなくても会計業務を担当することができます

また、全ての帳簿や書類は、会計ソフト内にデータとして保存することが可能。会計ソフトは、会計データの管理にも役立ちます。

会計ソフトの種類

会計ソフトの種類は、大きく以下の3種類に分けられます。

①パッケージ会計ソフト
②クラウド会計ソフト
③ERP(Enterprise Resources Planning)

パッケージ会計ソフトはパソコンやサーバーにインストールするタイプ、クラウド会計ソフトはクラウド上で利用するタイプの会計ソフトです。会計ソフトとして一般的なのは、この2種でしょう。

また、ERPとは、企業の基幹業務を一元的に担うシステムのこと。さまざまな基幹業務に対応するERPの機能には会計業務も含まれていて、基幹業務を一元管理したい企業に導入されています。

パッケージ会計ソフトとクラウド会計ソフトの違い

前述の通り、会計ソフトを求める企業は、パッケージ会計ソフトかクラウド会計ソフトを導入するのが一般的です。ここでは、これらの違いについて、表で比較していきましょう。

パッケージ会計ソフト クラウド会計ソフト
概要 パソコンやサーバーにインストールして使用するタイプ クラウド上で使用するタイプ
メリット ・インターネットに繋がっていないパソコンで利用することで安全性が保たれる

・サーバーの混雑や通信速度に影響されず、安定的な利用が可能

・ほとんどの場合月額料金がかからない

・インターネット環境があれば、どんなデバイスからもアクセスできる
・利用料金が安い・バックアップやバージョンアップが自動で行われる

・OSの制限がない

デメリット ・利用できるのはパソコンのみ(パソコンインストール型の場合はインストールしたパソコンのみ)

バックアップやバージョンアップは手作業で行わなくてはならない(パッケージの追加購入が必要になることも)・対応OSが限定される

・サーバーの混雑や通信速度に動作が左右される

・インターネット上にデータが保存されるのでセキュリティリスクがある

このように、パッケージ会計ソフトとクラウド会計ソフトには、それぞれにメリットとデメリットがあります。
導入時には、自社のニーズに合ったタイプを選ぶようにしましょう。

中小企業が会計ソフトを導入するメリット

中小企業では、未だ会計業務を手作業で行っているケースも多いですが、それは効率的とは言えません。会計ソフトを導入すれば、企業は会計業務の効率化をはじめとした、以下のようなメリットを受けることができます。

会計業務の効率化

会計ソフトを利用すれば、面倒な計算や書類作成は、ソフトが自動的に行ってくれます。担当者は簡単な収支データを入力するだけでいいので、会計業務は効率的になり、担当者の負担も軽減されるでしょう。
また、会計業務が迅速に行われることにより、会計データを基にした経営判断もスムーズに行えるようになります。

ミスの削減

人の手による会計業務には、ミスの可能性が付きまといます。
しかし、ソフトがミスをすることはありません。会計ソフトを使えば、収支の管理をより正確に行うことが可能です。

書類管理の手間・コスト削減

紙の書類で会計データを管理した場合、管理スペースの確保や書類整理に手間とコストがかかります。目当ての書類をすぐに見つけられないこともあるでしょう。

しかし、会計ソフトを用いて会計書類をデータとして管理した場合、書類管理の手間とコストは不要になります。検索をかければデータを見つけられるので、過去の書類を確認したい時にも便利です。

税制改正へスムーズに対応

税制改正が行われた場合、手作業での会計業務では、その都度新制度に対応し、業務内容を変化させていかなければなりません。これは、企業にとっても担当者にとっても負担になる作業でしょう。

会計ソフトの場合、ソフト自体が税制改正に対応し、その都度アップデートされていきます。そのため、企業側が特別な対応を行わなくても、税制改正に対応することができます。
ただし、パッケージ型の場合、アップデートは手作業になるので気をつけてください。

中小企業が会計ソフトを選ぶ際のポイント

会計ソフトの種類は多く、それぞれ特徴が異なります。導入する会計ソフトを選ぶ時には、以下のポイントをチェックするようにしましょう。

パッケージ型かクラウド型か

パッケージ型とクラウド型の特徴については、前述のとおり。それぞれの特徴とメリット・デメリットを踏まえ、どちらが自社に合っているか見極めましょう。

必要な機能が搭載されているか

ソフトによって搭載機能は異なります。
記帳だけできればいいのならシンプルな会計ソフトで十分ですし、決算書類作成まで行いたいなら決算書作成機能があるものを、戦略に役立てたいならレポート機能があるものを選ばなくてはなりません。
まずは会計ソフトに求めることを明確にし、その機能を搭載したソフトを選定するようにしてください。

対象の企業規模に合致しているか

多くの会計ソフトには、中小企業向け、大企業向け、個人事業主向けなど、対象の企業規模が設定されています。対象の企業規模によって搭載機能は異なるため、会計ソフトを選定時には自社の企業規模に合ったソフトを選ぶようにしましょう。

コストと予算が合っているか

会計ソフトの導入にはコストがかかります。特にクラウド型の場合は、継続的な料金支払いが必要。
長期的にソフトを利用するためにも、コストと予算のバランスには気をつけなくてはなりません。

利用ツールとの連携は可能か

CRM(顧客関係管理)やSFA(営業支援システム)、ECサイトと会計ソフトを連携できれば、業務の可能性は広がります。マーケティングや営業活動はより充実したものになるでしょう。
会計ソフトを選ぶ時には、使用システムとの連携の可否についても確認しておくことが大切です。

セキュリティは万全か

会計データは、会社にとっての機密情報。そのため、会計データを扱う会計ソフトのセキュリティは重要です。
会計データを安全に活用・管理できるよう、会計ソフトはセキュリティに優れたものを選んでください

サポートは手厚いか

会計ソフトは、導入後のサポートが手厚いものを選ぶのがおすすめです。会計ソフトの使用にあたってトラブルが発生した場合でも、サポートが整ったソフトであれば、手厚い対応を受けることができ、トラブルも速やかに解決できます。

中小企業におすすめの会計ソフトを比較

ここからは、中小企業におすすめの会計ソフトを比較していきましょう。今回は特に人気の高い5つのソフトをピックアップしました。

弥生会計オンライン

弥生会計オンラインは、簡単な操作性が特徴の会計ソフトです。
レシートや領収書は、スマホで撮影するだけで簡単に入力・仕分け完了。クラウドタイプで、インターネット環境さえあれば、どこからでもパソコンやスマホでアクセスできます。経営戦略に役立つレポート機能や手厚いアフターケアも魅力です。
簿記や会計の知識がなくても使える仕様になっているので、起業したばかりの中小企業や会計ソフトを初めて導入する企業におすすめのソフトです。

◆特徴
・やさしく簡単な操作性
・明細のスマホ撮影で仕分け入力可能
◆費用:セルフプラン28,600円/年、ベーシックプラン33,000円/年
◆タイプ:クラウド
◆無料トライアル:有(キャンペーン中初年度無料)
◆URLhttps://www.yayoi-kk.co.jp/products/account-ol/index.html

freee会計

freee会計は、経理初心者の経営者に支持されるクラウド会計ソフト。
専門用語のガイド機能や疑問をすぐ解決できるチャット機能が備わっていて、経理初心者でもスムーズに会計業務を進められるのが特徴です。
クラウドタイプなので、作業場所や作業人数を制限されることはなく、決算書作成もボタンひとつで行えます。

freee会計ユーザーの約80%が、経理業務の時間の2分の1以下への削減に成功したという調査結果も。会計業務短縮に効果的な会計ソフトです。

◆特徴
・経理初心者でも安心のサポート体制
・会計業務短縮に効果的
◆費用:ミニマム1,980円/月、ベーシック3,980円/月
◆タイプ:クラウド
◆無料トライアル:有(30日間無料)
◆URLhttps://www.freee.co.jp/houjin/

マネーフォワードクラウド会計

多様なビジネスシステムを提供するマネーフォワードのクラウド会計は、クラウド会計ソフトNo.1、継続率99%を誇るソフト。豊富な導入実績も魅力です。

マネーフォワードクラウド会計は、銀行・金融サービスやPOSレジなどと連携させることで、取引の自動入力が可能。3,000以上のサービスとの連携に対応しています。
また、AI搭載により、日々自動仕分けの精度がアップし、会計業務の効率化を図れます。

セキュリティは金融機関レベル。重要な会計情報を強固に守りながら、会計業務をサポートします。

◆特徴
・3,000以上のサービスと連携可能
・AI搭載で精度アップ
・金融機関レベルのセキュリティ
◆費用:スモールビジネス2,980円/年、ビジネス4,980円/年(※プラス従量課金・オプション有り)
◆タイプ:クラウド
◆無料トライアル:有(1ヶ月無料)
◆URLhttps://biz.moneyforward.com/accounting/

勘定奉行クラウド

中堅・中小企業における評価が高いのが、勘定奉行クラウド。今の経理業務を変えずに、業務のデジタル化による業務効率アップと精度向上を図る会計ソフトです。

勘定奉行クラウドでは、搭載AIによる自動仕分けが可能で、申請・承認プロセスのデジタル化にも対応。高い処理機能によって、多様な日次・月次・年次業務を円滑化します。
自社のペースによる段階的な導入が可能なので、経理業務のDX化を目指す企業におすすめです。

◆特徴
・申請・承認プロセスのデジタル化
・自社のペースに合った段階的な導入が可能
◆費用:iEシステム60,000円〜/年、iJシステム96,000円〜/年、iAシステム160,000円〜/年
◆タイプ:クラウド
◆無料トライアル:有(30日間無料)
◆URLhttps://www.obc.co.jp/bugyo-cloud/kanjo

HANJO法人会計

会計業務の円滑化だけでなく、儲かるヒントまで提供してくれるのが、HANJO法人会計。飲食店の会計業務に特化したソフトで、事業推移や資金状況を可視化し、繁盛のためのヒントや改善のためのヒントを提示します。

会計業務自体はスマホ撮影やシステム連携による自動入力が可能で簡単。決算書や元帳も自動作成してくれるので、会計作業の手間を削減できます。
また、有料プランの料金はリーズナブル。機能制限有りなら無料プランでの利用も可能です。

◆特徴
・飲食店の会計業務に特化
・経営のヒントを提供
・リーズナブルな料金設定
◆費用:2,178円/月
◆タイプ:クラウド
◆無料トライアル:有(機能制限有りで使用継続可能)
◆URLhttps://tenpo.casio.jp/service/business/index.html

まとめ

会計ソフトは、会計業務を効率的で正確にする、メリットの大きなツールです。人材不足が深刻な昨今のビジネスの現場において、会計ソフトの導入は必須だと言えるでしょう。
会計ソフトを導入していない経理担当者および経営者の方は、会社の規模に関わらず、会計ソフト導入を検討してみてください。

ただし、会計ソフトは種類が多く、その選定は慎重に行う必要があります。まずは会計ソフトに対する自社のニーズを明確にし、それを基に導入ソフトを選ぶと良いでしょう。