ネットショッピングの利用が一般的になるにつれ、支払い方法も多様化しつつあります。
そのひとつが後払い決済という方法。商品の代金を後から支払うこの方法は、クレジットカードを持たない顧客層に支持されています。

後払い決済は、顧客だけでなく、EC事業者側にとってもメリットがある決済方法です。
そこで今回は後払い決済について、メリットやデメリットを中心に、その概要をご紹介しましょう。

後払い決済とは

後払い決済とは、ECサイトで商品を購入した顧客が、商品を受け取った後に、商品の代金を支払う後払い型の支払い方法。購入者は請求書を用い、銀行や郵便局、コンビニなどで商品代金を支払うことができます。

後払い決済はクレジットカード不要で後払いができることから、クレジットカードを持たない層に支持され、その市場規模は拡大傾向にあります。
最近では後払いアプリも登場しており、後払い決済サービスは今後も広がりを見せていくでしょう。

後払い決済の仕組み

後払い決済では、購入者とEC事業者の間に、後払い決済サービスを提供する決済機関が入ります。その仕組みを知るため、後払い決済の流れを見ていきましょう。

◆後払い決済の流れ
1.購入者が商品を購入。
2.決済機関が代金を立て替え、EC事業者に支払う。(債権は決済機関へ移行)
3.商品を受け取った購入者が決済機関に対し、コンビニなどで代金を支払う。
4.決済機関が代金を受け取る。

購入者が後払いを選んでも、決済機関が一旦代金を立て替えるため、EC事業者への入金が遅くなることはありません。
後払い決済は、EC事業者と購買者双方にメリットのある支払い方法だと言えるでしょう。

EC事業者が後払い決済を導入するメリット・デメリット

後払い決済サービスの導入には、 EC事業者にとってのメリットが多数あります。またその一方で、注意しておきたいデメリットも存在します。
ここでは、後払い決済サービス導入におけるEC事業者のメリット・デメリットを具体的に挙げていきます。

メリット

まずは、後払い決済サービス導入におけるEC事業者の3つのメリットについてご説明します。

顧客層拡大による売上アップ

ネットショッピングはクレジットカードで決済することが多いですが、全ての消費者がクレジットカードを所有しているわけではありません。中には、クレジットカードを持っていないために、ネットショッピングを諦めている方もいるでしょう。

後払い決済が支払いの選択肢にあれば、クレジットカードを持っていない人もネットショッピングを行うことができます。これにより顧客層は広がり、企業は売上を向上させることが可能です。

簡単手続きでカゴ落ち対策

商品を選んでカートに入れても、支払い手続きでクレジットカード情報の入力が必要になると、「クレジットカードが手元にない」「面倒くさい」などの理由でサイトを離脱してしまう顧客は少なくありません。面倒な入力手続きにより、このようなカゴ落ちが発生し、企業は売上機会を逃してしまっています。

しかし、クレジット支払いと異なり、後払い決済には面倒な入力手続きがいりません。カードが手元になかったりカード情報の入力が面倒だと感じる顧客に対し、後払い決済という選択肢があれば、カゴ落ちを防止することができます

支払い関連の業務負担軽減

後払い決済では、支払い関連の手続きを決済機関が代行して行います。そのため、企業は顧客に請求書を発行したり入金管理や督促業務を行ったりする必要がなく、業務負担を減らすことができます。

デメリット

次に、後払い決済サービス導入におけるEC事業者のデメリットを2つ見ていきましょう。

未回収リスクが発生

商品を届けた後に顧客から代金を支払ってもらうため、後払い決済サービスにはどうしても代金未回収のリスクが付きまといます。
とはいえ、代金の未回収は決済機関が立て替えることになっている場合がほとんど。その場合、EC事業者がリスクを負う必要はありません。
後払い決済サービスの契約時には、未回収リスクについてよく確認しておきましょう。

サービス利用料金の支払い

後払い決済サービスの利用には、利用料金がかかります。
また、キャンセルや返品時の諸費用が企業負担になるケースもあります。

利用料金やキャンセル・返品時の対応については、事前によく確認しておくことが大切です。

購入者が後払い決済を利用するメリット・デメリット

後払い決済サービスは、購入者にとってもメリットがある支払い方法です。また、デメリットはほとんどないものの、注意しておく必要がある点はあります。
ここからは、後払い決済サービス利用における購入者にとってのメリット・デメリットについて解説していきます。

メリット

まずは、後払い決済サービス利用による購入者のメリットを3つ確認していきましょう。

クレジットカードなしでも買い物ができる

商品の購入希望者の中には、クレジットカードを所有していない人もいるでしょう。その場合、ECサイトで対応している支払い方法がクレジット決済のみであれば、商品を購入することができません。
しかし、支払い方法として後払い決済を選ぶことができれば、クレジットカードを持っていなくても買い物が可能。「クレジットカードを持っていないから」と商品の購入を諦める必要はなくなります。

安全で手軽に買い物ができる

後払い決済の場合、代金を支払う前に、購入者の元に商品が届きます。そのため、実物を見てから代金を支払うことができる点で、安全性は向上。「代金を先に支払って商品が届かない」というような詐欺に遭うこともありません。
また、カード情報の入力不要で手軽に買い物を楽しめる点も、購入者にとってのメリットです。

手元に現金がなくても買い物ができる

後払い決済では、代金の支払いまでに猶予があります。よって、ECサイトでの商品購入時に手元の現金がなくても、支払い期日までに代金の用意ができれば、買い物をすることができます。
この仕組みについては、「給料日前や金欠時に助かる!」という方も多いのではないでしょうか。

手元に現金がなくても買い物ができるのは後払い決済の大きな魅力。ただし、使いすぎには注意する必要があります。

デメリット

後払い決済サービスの利用では、購入者側にとって特に大きなデメリットはありません。
ひとつ注意しておきたいのは、未払いが続くと法的措置が取られたり信用情報機関に登録されたりする可能性があるということ。後払い決済サービスを利用するなら、支払いは指定期日までに必ず行い、計画性をもって買い物を行うことが大切です。

後払い決済サービスを選ぶ際のポイント

後払い決済サービスを提供する会社は多く、会社によって利用条件は異なります。導入するサービスを選定する際には、以下のポイントに着目し、条件を精査・比較するようにしてください。

①利用料金

後払い決済サービスを導入した場合、決済機関に支払う利用料金が発生します。月額料金や決済手数料がその主な内訳になりますが、サービスによって金額や内訳は異なるので、事前によく確認しておきましょう。

②与信枠の上限額

後払い決済における与信枠とは、顧客が後払いに利用できる上限金額のこと。後払い決済サービスによって、与信枠の上限額は異なります。
後払い決済サービスを選ぶ時には、自社で取り扱う商品の価格を踏まえ、与信枠の上限もチェックしておきましょう。

③未払い保証の有無

後払いで未払いが発生した場合、多くの後払い決済サービスでは、決済機関がその損失を立て替えることになっています。これを未払い保証と言います。
未払い保証がないと後払い決済サービスを導入するEC事業者はリスクを負うことになってしまうので、必ず未払い保証のあるサービスを選ぶようにしてください。

④入金サイクル

後払い決済サービスの選定では、入金サイクルの確認も大切。売上がいつ会社に入金されるのか把握しておきましょう。
入金サイクルが長い(売上の入金に時間がかかる)場合、会社の運営が回らなくなる場合もあるので、注意が必要です。

⑤返品やキャンセル対応

各後払い決済サービスの返品やキャンセル時の取り扱いについても、事前確認しておきましょう。サービスによっては、返品・キャンセル時の諸費用をEC事業者が支払わなければならないケースもあります。
 

まとめ

後払い決済サービスの市場規模は、世界的に見て拡大傾向にあります。
後払い決済は、売上や顧客満足度、業務効率の向上に効果的な支払い方法。EC事業を行う企業であれば導入を検討すべきでしょう。

ただし、後払い決済サービスには利用料金が発生します。サービス導入時には、コストや条件をよく確認した上で、自社および顧客のニーズに合ったサービスを選択するようにしてください。